スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魅惑の玄関

るぼんへ:野生のゼニガタアザラシをみてきたよ(友人はアザラシの陰に隠れて写ったつもりらしいけれど、完璧体出ています)

P5032168.jpg


突然ですが、我が家の玄関は時々なかなか良い仕事をしてくれたり、びっくりを運んで来てくれます。

時には突然玄関先に困った顔をした犬と、困った顔をした近所の方が立っており、犬の上顎に挟まった異物を取ってあげたらししゃもをくれました。

ある時には昼過ぎ玄関がガチャっと開き、旦那さんが帰って来たと思って『お帰り〜〜!』と出迎えると、『メール便でーす!!』という声と共に荷物が投げ入れられました。問題はその時に限って、”おかえり”をキンタロー。のカツオのものまねの声(陽気な出迎えの最上級だと思っています)でしたことです。

チャイム鳴らしてくれ!!!



チャイムの鳴らし過ぎにも注意が必要です。

一昨日は夜中旦那さんが急患で呼び出されたので、私もなんだか眠くて午前中布団でゴロゴロしていました。すると、ラジオを爆音で鳴らしたトラック?か何かが家の前で止まった気配がして、チャイムが鳴りました。

パジャマだし、寝癖ついているし、眠いし、なんだかラジオうるさいし、居留守使ってしまおうかな〜〜、と躊躇していると、

ポーン ともう一度チャイムがなりました、

いや、ポーン ポーン ともう二度、三度と鳴って、ポーン ポーン ポーン ポーン!! ついに連打開始!!

これは変な人が気た!!と思い、布団を頭から被ると(この体勢が居留守の最上級だと思っています)、

ガチャッと玄関が開き、ドサッと妙な音がして、

『おい!!誰かいねえのか!!』と叫び声。



これは・・もう逃げられぬ。立ち向かわなければ。しかもこそこそ寝癖をなおしたり、着替えたりしている場合ではない。着の身着のままで”てやんでぃ風”に出て行かなければこの勢いには勝てぬ・・!

とっさにそう考えた私は頭ボサボサのまま旦那のジャケットを羽織り(というかむしろ最近パジャマも旦那のスエット)、玄関に飛び出しました。


『おう、なんだ寝てたのか。』


とりあえず状況を把握するのに時間を要したのですが・・・私の足下には立派な毛ガニが4匹・・・生きているうちは匹と数えるらしい・・が転がっており、開いた玄関の扉のところには、どこかで見たおっさん・・・いや、今かなりお世話になっている開業の先生がひとり・・・


『毛ガニ』

『茹で方』

『わかるか』

『塩加減』


といった単語が文章になって先生の口からぺらぺらと発せられたのですが、とりあえず、(なんか)すごいですね、ありがとうございます、(そしてすみません)、と言うのが精一杯でした。


そして嵐のように先生は去って行き、玄関は再び静寂を取り戻しました、プクプク。プクプク。という音だけを残して。





2013-05-06






なぜ。。






ちょうど一年程前に、この地域の毛ガニ事情にびっくりしたことがありました(→2012.5 毛ガニについて)が、今回はさらに上をいった模様です。



意識もしっかりしてきたので、塩茹でして美味しくいただきました。
2013-05-062.jpg



以上、玄関先のアンビリーバボーでした。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おくれ

今度、毛がにが投げ込まれたら、うちに送ってください。

sayuri | URL | 2013-05-13(Mon)11:56 [編集]


Re: おくれ

> 今度、毛がにが投げ込まれたら、うちに送ってください。

あれーコメントを返したはずなのに、反映されていませんでした。姉上すみませぬ。今度は冷凍してお送り致します。

ukari | URL | 2013-06-11(Tue)12:19 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。