スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ツバメとんだ

P7080746.jpg


7月は友人の結婚式の準備、学会準備、院長からの難題、入院件数爆発、などでみそじを迎えた私にとってはなかなかハードな毎日でした。知る人は知るヨサコイソーラン祭りの直前みたいに。笑

でも友人の結婚式はその分感動もひとしおだったし、さらに友人が好きになりました。これからも末永くよろしく。


そんなひと風吹いたあとに、さらに嬉しいニュース。

うちの病院、よく野鳥が運び込まれるのですが、その中で巣が壊されてしまったというツバメ三兄弟‥

巣が壊されただけなので本人達はいたって元気。私がみたときには保護?されてから2日経っていて、彼らはみどりのたぬきのどんぶりと新聞紙でこさえられた巣の中でピーピー言っておりました。

おちょくってんのかと思うくらい3羽とも同じ動き。前を通るたび、ピーと黄色い口が開く。

みんなで仕事の合間に(といっても一応これも業務のうちに入るはず。。)給餌し、いい加減巣立っていいだろうという大きさに。

仕事の日は朝から晩までなかなか外に出られないので休みの日に3羽連れ帰り、飛行訓練。

そしたら2羽は圏外に飛び出し、あっけなく巣立っていきました。

残る1羽はどことなく甘っちょろい感じで、飛んでは私に捕まり、また飛んでは私に捕まり。

ふと上を見るとツバメが2羽電線に。さっき飛んでいった兄弟でしょうか。(違うかもしれんけど)


でもあんたあ、このままではお空にゃやれないよ。

ミルワームを投げて自分でついばませたり、喝を入れてみたり、


2日後。

ちょっと昨日より飛んだ。焦っているのか。昨日より明らかに頑張っている感。でもまた物置の上で私に捕まる。


3日後。

明らかに瞳にみなぎる強い力。(主観)

朝仕事に行く前に、兄弟を放したところでもう1度飛ばせてみたら、おお、上昇している!でも物置の上に止まった。手を伸ばして、また私に捕らえられそうになったそのとき。


ぱたたたた


2番目の兄弟がたどったのと同じ軌跡で、末っ子(主観)ははばたいていきました。



いつも野鳥業務は二の次になってしまっていて申し訳なかったけど、




感動した。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おぉ・・・・

わたしもかんどうした・・・。

うかりの今の原点は鳥さんだったものねぇ・・・。

あぁ、みんな一生懸命生きてるのだわさ。

(そしてわたしは原稿おざなり中)

ふよ | URL | 2011-08-08(Mon)15:36 [編集]


◎ふよ

おおせんきゅうーーー

今年は阿波はまだ?阿波のために、お仕事頑張れ。そして私と遊びに行くためにも。

ちなみに私も学会用の原稿おざなり中‥あ~~~1ヶ月前にもどって、院長にノーと言いたい。。。。

ukari | URL | 2011-08-10(Wed)00:22 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。